読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

FA組3人ともいなくなった

headlines.yahoo.co.jp

登板するたびに失点したりピンチを作っていた森福が登録を抹消された。ジャイアンツは、山口・陽・森福と3人のFA選手を獲得したが、これで3人ともいなくなった。ついでと言っては何だが、大田とのトレードで日本ハムから来た吉川光夫も先日抹消された。

新外国人のマギーとカミネロは頑張っているものの、沢村不在、ギャレット(骨折してしまいましたが)、クルーズが外国人枠の関係で出られず、昨年フル出場の村田がベンチとなると、トータルではとんとんか、やや戦力ダウンと言えるかもしれない。

即戦力重視のドラフト組も、ドラ1の吉川尚は2軍でもパッとせず、2位の畠はようやく3軍で投げ始めたところ、3位の谷岡も開幕1軍の座をつかんだものの、プロの洗礼を浴びて2軍で調整中だ。4位の池田ががんばっているのが救いか。

今年の優勝だけに焦点を絞っての徹底した補強を行ったことは評価に値すると思うが、これまでのところは厳しい結果である。結局、昨年とほぼ変わらない戦力で戦っているのが現状だ。昨年、開幕時に一軍にいなかった阿部、脇谷、内海、大竹といったベテランの奮起で、なんとか勝ち越している状態で、広島や阪神と競り合っていくには厳しい状況と言える。

ただ、シーズンは長い。夏場にみんなバテて来るころに、一人二人と復帰してくれば、層の厚さで押し切れる可能性はある。篠原のような育成組や若手が出てくる可能性もある。外野なんて、長野もダメ(おそらく故障をかかえている)で陽もいないから、本当の意味でのレギュラーがいない状態(かなりの非常事態)であり、若手にとっては、本当にチャンスなのだが。

おととし、去年のいまいち楽しめない野球から今年は脱却してくれると期待したが・・・、今後に期待しよう。

 

ランドオペレーター考

headlines.yahoo.co.jp

昨日、ランドオペレーターが脱税で捕まったという話題がテレビのニュースなどでも取り上げられていた。

「ランドオペレーター」この言葉が一般のニュースで出てくることに、違和感を感じる。これは完全な旅行業界の業界用語だからだ。こんな話題が出るのもインバウンド(これも以前は旅行業界でしか聞かない言葉だった)が増えたからだ。

ニュースでも解説されていたが、ランドオペレーターとは旅行会社の依頼を受けて現地の手配をする、いわば下請け業者だ。日本人が海外に旅行する際も、それぞれの国のランドオペレーターにお世話になっている。

今回は、海外から日本に来る外国人を対象としたランドオペレーター業者が脱税をしていたという話だが、それに付随して、ランドオペレーターは特に免許や登録制度がなく誰でもできるので怪しい業者が多く、ぼったくり店にお客を連れて行くなど問題が多いという指摘もされていた。

日本人がパック旅行で海外に行く場合、JTBやHISなどの大手旅行会社は、現地法人を持っている場合が多いが、現地法人を持たない中小の旅行会社は必ず現地のランドオペレーターを利用している。だから、A社で申し込んでもB社で申し込んでも、結局同じランドオペレーターを使っており、ツアーの内容としては同じである場合も多い。また、大手旅行会社の現地法人も独立採算性を取っているケースが多く、自社以外の旅行会社の手配を引き受けているケースも多い。大手旅行会社の現地法人もランドオペレーターの一種とも考えられる。

ちなみにHISの現地法人は積極的に他社の手配を請け負っており、中小の旅行会社でツアーを申し込んでも現地はHISであるケースも多い。なお、この場合HISという名前はお客には出さないようにしており、別のブランド名を使っているので、気づかないケースが多いだろう。

昔は日本人もよくランドオペレーターと結託した悪質お土産店にぼったくられるというケースがあった。日本人がさんざん買い物をした「デューティーフリーショッパーズ」は(今でもある)、旅行会社に多額のキックバックを支払う、ぼったくりとまでは言わないまでも、決して安くないお店であった。まあ、昔は日本ではまだ売られていないようなブランド品もあったし、内外価格差もあったので、お客の方にもメリットはあったのだが。

お土産店に連れて行き、ランドオペレーターがキックバックを受ける。その代り、旅行会社に対しては、安く手配を請け負う。この構図が、格安ツアーを支えてきた。日本人が海外で買い物をしなくなってきたので、この構図はだいぶ崩れてきた。今では、現地でお土産店に連れて行かれるケースも減ってきた。それでも台湾、韓国あたりでは根強く残っている。このやり方が良いか悪いかは別として、この方式のおかげでお客が安く旅行に行けるというメリットを享受しきたのも事実である。

これまで、日本人が海外旅行で経験してきたことを、インバウンドで日本を訪れる外国人も経験しているというわけだ。ランドオペレーターも商売だから、いろいろ考えて儲けようとするのは仕方ないと思うが、度を超して日本が嫌いになってしまうような悪辣な手法や、安全を軽視して経費を抑えるような行為は勘弁していただきたいものだ。

黒目川のアオサギ

ちょっと久しぶりに野鳥を探して黒目川を散歩した。

冬の間、ほとんど見なかったアオサギがいた。

f:id:travelguide:20170420230028j:plain

青っぽい色の翼と首の模様が特徴的。

f:id:travelguide:20170420230116j:plain

ヌマチチブと思われる獲物を捕らえた。

f:id:travelguide:20170420230156j:plain

獲物をくわえて得意げに翼を広げた。

しかし、この顔、この姿、ほとんど怪獣だ。

f:id:travelguide:20170420230302j:plain

アオサギは、サギの中では最も大きいと言われるだけあって、翼をひろげるとかなりでかい。急に飛ばれると画角に入りきらない!

白石川堤一目千本桜を見てきました

以前から一度見に行きたいと思っていた、宮城県の白石川堤一目千本桜に行ってきました。2泊滞在し、初日にロケハン、2日目、3日目の朝と撮影してきました。3日目(4月15日(土))は、早朝6時に現地に着きましたが、既にカメラマンがいっぱい集まっていました。満開が土曜日に重なり、駐車場も行列し、すごい人でした。

f:id:travelguide:20170416213140j:plain

ポスターにもよく登場する、一番人気の撮影スポットです。この屋形船が通るのを、みんな三脚を立ててじっと待っています。

f:id:travelguide:20170416213343j:plain

蔵王連峰がくっきり見えるのは午前中だけです。昼以降は白くかすんで来て、この時期太陽は蔵王連峰に沈みますので、夕方は逆光です。

f:id:travelguide:20170416213528j:plain

白石川堤と船岡城址公園を結ぶ「千桜橋」です。

f:id:travelguide:20170416213832j:plain

千桜橋は、トリテツが大量に集まる撮影スポットです。私は、通りかかった時にたまたま電車が通ったのでさっと撮りましたが、皆さん気合入れて撮っておられました。ちなみに、千桜橋内は三脚禁止です。

f:id:travelguide:20170416214102j:plain

千桜橋から撮影した、千本桜と蔵王連峰です。

f:id:travelguide:20170416214155j:plain

船岡城址のスロープカーです。桜の時期だけ運行されています。

JR大河原駅と船岡駅の間、約4キロの白石川堤にずっと桜が咲いています。船岡城址も展望台あり、巨大な観音像がある桜の山ありでなかなかのスポットです。3日間でも、撮りきれないぐらいです。

来年も、再度チャレンジしてみたい思っております。

 

 

ユナイテッド航空のオーバーブッキング対応で思ったこと

headlines.yahoo.co.jp

 

ユナイテッド航空のオーバーブッキングで、客を無理やり引きずりおろしたという件が話題になっています。

飛行機でよく旅行する人は、経験された方もいるかもしれません。業界では「オービー」といい、旅行会社の人間にとってドキッとする言葉です。

そもそも飛行機に乗客が乗ってから、降りてくれる人間を探すという対応は、かなり後手を踏んでいます。ピーク時、旅行開始の1週間を切ったあたりに、航空会社から旅行会社に連絡があり、この便がオービーしてるから、違う便のビジネスクラスに振り替えてくれとか、1万円返金で他社便に振り替えてくれとか依頼があることがしょっちゅうありました。なんで旅行会社がお客に文句を言われながら交渉しないといけないのか理不尽に思いながらも、航空会社から席をもらえないと商売できない弱みがあって、必死でお客と交渉したものです。

日本でも、航空会社から直接航空券を買う人が増えてきましたが、まだまだ旅行会社経由も多いでしょう。アメリカでは、もともと旅行会社が絡んでいるケースが日本より少ないので、結局空港対応になることが多いのでしょう。日本は、旅行会社が苦労して、当日を迎える前に解決している場合が多いのです。

しかし、当日お客が来ないケース(ノーショー)を期待して、当日まで若干のオービーを残しているケースもよくあります。この場合は、単純に最後の方にチェックインしたお客が、チェックインの際、搭乗を断られることになります。最近は、ネットで事前にウェブチェックインができますので、これをやっていないとより狙われやすいかもしれません。混んでいそうな日は、ウェブチェックインをするか、早めに空港に行きチェックインしましょう。

混んでいて、エコノミークラスの席が足りなくなり、無料でビジネスクラスにアップグレードされるというラッキーもたまにありますけどね。

まあ、オービーというのは必要悪なんでしょうが、今回のユナイテッドの対応はひどすぎましたね。

さきたま古墳公園の桜

f:id:travelguide:20170411213814j:plain

昨日、埼玉県の桜の名所、さきたま古墳公園に行ってきました。桜は満開から散り始めでしたが、とてもきれいでした。今日は雨でしたので、ここでの桜は今年最後だったと思います。

古墳の上に桜が咲く珍しい風景です。これは日本最大級の円墳である、丸墓山古墳です。近くに「のぼうの城」で有名になった忍城がありますが、この古墳は石田三成の水責めの際、堤防の一部として使われました。

f:id:travelguide:20170411214211j:plain

正面から見た、丸墓山古墳です。

なかなかの絶景でした。

f:id:travelguide:20170411214304j:plain

公園内には古墳が他にもたくさんあります。向こうに見えている前方後円墳は、稲荷山古墳です。ここから、日本史の教科書にも載っている「ワカタケル大王(雄略天皇)」の名が金象嵌で刻まれた鉄剣が見つかったことで有名です。公園に隣接する博物館で実物を見ることができます。

f:id:travelguide:20170411214456j:plain

少し離れたところにあり、あまり人が立ち寄らない将軍山古墳です。表面を菜の花が覆っており、桜の季節はこちらもきれいです。古墳の内部が展示室になっています。

平日にもかかわらず、そこそこ人が多かったのですが、東京の桜の名所に比べれば、ずっとゆっくり桜観賞が楽しめます。古墳と桜という、他ではあまりない組み合わせの景色が見られる、おすすめスポットです。

 

高速シャッターで撮影した水滴

f:id:travelguide:20170410001644j:plain

最近、高速シャッターの世界にはまっている。

肉眼では絶対見えない瞬間を写真で見られるというはワクワクする。

上の写真は、身延山久遠寺で雪解け水が軒から滴っているところだ。大きい粒の後には小さい粒が連続で続くのはなぜなのだろうか?

f:id:travelguide:20170410001920j:plain

f:id:travelguide:20170410001935j:plain

落ちる瞬間もおもしろい。幸いきれな石が敷かれ清らかな水が溜まっている。

やっぱり、王冠みたいになるんだと再確認。

これは1/2500秒で撮影した。暗くなるのでISOをちょっと高めにする必要はあるが、簡単に撮れる。

また、いろいろ試してみたいと思う。