吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

長野の人的補償問題、ラミちゃんに賛成

headlines.yahoo.co.jp

昨日から、長野の人的補償によるカープ移籍で、長野がかわいそう、ジャイアンツファンの心情を害する、岩隈や中島をとっておいて内海や長野をプロテクトしないのは矛盾しているなど、どちらかというと批判的な記事がたくさんでている。どうも、なんか論点がずれてるというかすっきりしないものばかりだと思っていたけど、このラミちゃんが言ってることが一番腑に落ちる。みんなプロなんだからね。

日食を撮ってみた

本日の日食、埼玉は最大に太陽が欠ける10時6分にはまだ太陽が見えており、なんとか撮影できました。その後、すぐに曇って太陽は見えなくなったので、ぎりぎりセーフでした。

f:id:travelguide:20190106130506j:plain

10段減光の角形フィルターを使用しました。本当は、もっと暗い方が目にも安全ですし、きれいに撮れます。

うっすらと雲がかかっており、ちょっとにじんでいます。10段減光でも明るすぎます。

f:id:travelguide:20190106130703j:plain

絞りを最小に、ISOもめいっぱい落として、さらにマイナス補正して、こんな感じです。

f:id:travelguide:20190106131252j:plain

スポット測光を中央部重点測光に変えてクリアになりました。


 

 

彩湖の横にある野球グランドの外野に・・・

今日は彩湖公園に水鳥を見に行った。キンクロハジロ、オオバン、冠カイツブリなどいましたが、それより彩湖の横にある野球用のグランドの外野をタゲリとムナグロが3羽ずつかけまわっていたのに驚いた。

タゲリ

ムナグロ

 

黒目川の野鳥2019

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は、出張が多かったこともありずっとばたばたしていた感じです。今年は、もうちょっと落ち着いて、じっくり進んでいきたいところです。このブログもほとんど書けなかったので、今年はちょっとがんばろうと思います。

今日は、おせちを食べすぎて昼から散歩に出るという、正月あるある的な1日でした。カメラを持って黒目川沿いを歩きましたが、今日の収穫は下の写真です。

黒目川のカイツブリ

カイツブリ

これまで、黒目川ではちょうど50種類の鳥を確認しました。その中で、唯一写真に撮れていなかったのがカイツブリです。こいつは、動きが早く、水面に出たと思ったらすぐに潜ってしまい、次にどこに出てくるか予想が付きません。なかなか写真に撮りにくいのですが、本日やっと撮れました。

黒目川の野鳥ファンにとって、最近大きな問題が起こっています。川沿いの木々が、年末にほとんど伐採されてしまったのです。おそらく治水のためと思われますが、そこまでしなくてもいいのではないかと思いました。これについては、また詳しく書きます。

黒目川のモズ

モズがいました。スズメの群れを狙っているようです。

カワセミ

カワセミは相変わらずよく見かけます。

蛭子(ひるこ)神社の真っ赤な鳥居

柳原蛭子神社の鳥居

柳原蛭子神社の鳥居

兵庫県の兵庫津を取材した際撮影した写真です。真っ赤な鳥居と青空がベストマッチですが、そんなに変わった写真ではありません。しかし、実は結構苦労しています。歩道の一番道路側から広角レンズで撮りました。道路の向こう側から撮ろうとする思いっきり電線が入るのでだめです。わざわざ標準レンズから広角レンズに付け替えて撮ったのですが、そうすると鳥居が向こう側に傾いてるように映ってしまいます。これを後からアオリ加工して完成したのがこの写真です。

結構こういった被写体との距離が制限されているケースも多いと思いますが、このやり方は有効です。コツとしては、アオリ加工すると画面の外側がカットされて行きますので、広めに撮影しておくことです。

 

柳原蛭子神社の社殿

社殿は新しそうですが、カラフルできれいです。

 

恵比寿様の石像

「柳原のえべっさん」と親しまれているこの神社、なかなか味のある恵比寿様の石像があります。

JR兵庫駅から徒歩3分ほでで行けます。

昭和記念公園で行われた立川花火大会の様子

11月23日に東京都立川の昭和記念公園で行われた、立川市の秋の花火大会を撮影してきました。ちょうど満月で、その満月に重なるように花火が打ち上げられたので、空が明るく少々難しかったのですが、月をバックに花火も悪くないなとも思いました。

1時間ほどの打ち上げ時間で、規模としてはそれほど大きくないのですが、凝った花火が多く、プログラムもないので次にどんな花火があがるか予想できず、写真を撮るには苦労が多い大会です。それだけに、面白みもありますけどね。

f:id:travelguide:20181128002150j:plain

f:id:travelguide:20181128002207j:plain

f:id:travelguide:20181128002222j:plain

f:id:travelguide:20181128002235j:plain

f:id:travelguide:20181128002250j:plain

f:id:travelguide:20181128002305j:plain

f:id:travelguide:20181128002316j:plain

f:id:travelguide:20181128002328j:plain

f:id:travelguide:20181128002339j:plain

f:id:travelguide:20181128002351j:plain