吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

宝塚に「手塚治虫記念館」があるとは知らなかった

ちょっと間があいてしまったが、ひき続き兵庫ネタをお届けする。

私は、兵庫県の出身だが、手塚治虫さんが宝塚の出身で、宝塚に「手塚治虫記念館」があるとは、全く知らなかった。子供のころ、ジャングル大帝や鉄腕アトムを見ていた記憶はあるが、特別に漫画やアニメに興味があるわけではない私が見ても、十分楽しめる施設であった。

一部の方には、”今更”であろうが、知らない人のためにご紹介しておこう。

f:id:travelguide:20170720014629j:plain

入口の前には「火の鳥」のモニュメントがある。

 

f:id:travelguide:20170720015046j:plain

エントランスには、リボンの騎士とアトムが立っている。手塚治虫は5歳から20年間を宝塚で過ごしており、よく親と一緒に宝塚歌劇を見ていたそうだ。リボンの騎士は宝塚歌劇の影響を受けているという話を初めて聞いた。納得である。

f:id:travelguide:20170720015359j:plain

1階には、手塚治虫に関するたくさんの資料が展示されている。マニアックなファンにとってはたまらないだろう。

f:id:travelguide:20170720015603j:plain

2階にはイベントスペースがあり、私が訪れた時は「アトム・ザ・ビギニング」のテレビアニメ化を記念した展示が行われていた。館内で、このイベントスペースだけは撮影禁止である。上の写真は、2階にある単行本の展示。

f:id:travelguide:20170720015906j:plain

手塚治虫のアニメを見られる「情報・アニメ検索機」。多くのアニメ作品が見られるので、好きな人なら1日中いても飽きないかもしれない。

f:id:travelguide:20170720020049j:plain

単行本も読み放題!

 

f:id:travelguide:20170720020201j:plain

地下階には、アニメ制作を体験できる「アニメ工房」がある。展示があり、視聴あり、漫画読み放題あり、さらに体験型のコーナーもあるとは、かなり充実度の高い施設である。

f:id:travelguide:20170720020413j:plain

「アニメ工房」には、手塚先生もおられます。

 

この施設は、宝塚市が運営しており、このため入場料も大人700円、子供300円とリーズナブルだ。子供も手塚アニメで育った大人も存分に楽しめる施設なので、お近くに行かれたら是非立ち寄ってみていただきたい。

兵庫県福崎市の河童

f:id:travelguide:20170706234726j:plain

ずいぶんメディアにも取り上げられ、特に関西では有名な兵庫県福崎市の辻川山公園に出現する河童の河次郎(がじろう)。左右には阿吽の子河童を引き連れている。関東では、まだ知らない方も多いかもしれない。

5分に一度ぐらい、池の底からぶくぶくと泡を立てながら現れるのだが、あまりのリアルさに泣き出す子供が続出らしい。

f:id:travelguide:20170706235037j:plain

池のほとりには、河太郎(ガタロウ)もいる。こちらはブロンズ像だが、黄色い目がかなり気持ち悪い。

f:id:travelguide:20170706235207j:plain

小屋の中から現れる逆さ天狗もいる。なぜかわからないがどら焼きを食べている。

f:id:travelguide:20170706235315j:plain

ベンチに天狗が腰かけていることもある。

f:id:travelguide:20170706235550j:plain

この天狗のパソコンには、ちゃんとグーグルが表示されている。「河童の弱点」を検索している。戦う気か?

f:id:travelguide:20170706235715j:plain

全国妖怪造形コンテストの最優秀作品も展示されている。これは「森に吹く風」というタイトルの大分県、首藤秀利氏の作品。

f:id:travelguide:20170706235919j:plain

さて、なんでここに妖怪が出現するかというと、ここには柳田國男の生家があるからだ。柳田國男といえば「遠野物語」だが、河童のガタロウをはじめ遠野地方の様々な伝説が紹介されている。「妖怪談義」という本も書いている。

平成25年に池に河童が出現するようになり、さらに平成28年に逆さ天狗も加わると、辻川山公園の観光客の数が倍増したとのこと。最近では、鬼太郎の聖地、境港に対抗心を持っているらしい。

 

 

兵庫県朝来市の古民家レストラン「芒種」

兵庫ツーリズムの視察ツアーのランチで訪れたお店をご紹介しよう。

古民家を改造したレストランで「芒種(ぼうしゅ)」というお店だ。

f:id:travelguide:20170703170737j:plain

看板がなければ、普通のお宅だ。

f:id:travelguide:20170703171355j:plain

内部も、古民家をそのまま利用した温かい雰囲気だ。

f:id:travelguide:20170703171455j:plain

昔ながらの板ガラスの向こうに庭が見える。

f:id:travelguide:20170703171728j:plain

こちらが前菜。手前の「ほうれん草とドライトマトのキッシュ」がめちゃくちゃおいしかった。奥のスモークサーモンのタルタルもGOOD!他もすべておいしかった。

f:id:travelguide:20170703171956j:plain

ビジュアルもすばらしい「彩(いろどり)つつみ寿司」。手巻き寿司の要領で食べるのだが、どれも非常にうまい。手前のちょっと赤っぽいのは、グレープフルーツに鯛の刺身と味の付いたジュレがのったもの。これを手巻き寿司にしてうまいのか?と思って食べたが、さっぱりしてすばらしくうまい。真ん中の黄色いのは「みそ漬け大根とクリームチーズ」、食感、味、コク、完璧にうまい。この他、イタドリのペペロンチーノ風、スパムたまご、焼き茄子のレモンマリネなど、工夫が凝らされた、それでいて食材の良さがストレートに伝わる逸品ばかりだった。

このお店、かなりハイセンスだ。

f:id:travelguide:20170703172719j:plain

店主がいろいろなところから仕入れてきた、服や雑貨を販売するコーナーもある。

兵庫県・朝来市 神子畑(みこばた)選鉱場跡

さて、前回ご紹介した「明延鉱山」に続き、同じく朝来市にある「神子畑(みこばた)選鉱場跡」をご紹介しよう。ここには、明延鉱山、生野鉱山、神子畑鉱山から採掘された鉱石が持ち込まれ、錫、銅、亜鉛など鉱石から鉱物を取だし分類する作業が行われていた。

f:id:travelguide:20170702224956j:plain

上の方から、鉱石を砕き、比重選考、浮遊選考などを行い、不要な岩石を取り除きながら下におろしていく。効率よく順番に作業するために、このような傾斜地に造られている。

f:id:travelguide:20170702225420j:plain

インクラインという資材や人を運ぶためのケーブルカーが通っていたレール。

f:id:travelguide:20170702225603j:plain

普段は内部への立ち入りは禁止されているが、今回特別に中段あたりまで入らせていただいた。眼下には「シックナー」という円形の施設がいくつか見えている。

f:id:travelguide:20170702225810j:plain

シックナーを下から見たのがこちらの写真。選鉱の過程ででる、微細な鉱物が混じった液体から水分を抜いて個体粒子を取り出す設備だ。

f:id:travelguide:20170702230012j:plain

かつてフランス人技師のセームが住んだ住宅で、のちに事務所として使用されていた建物。現在は、展示室として利用されている。

f:id:travelguide:20170702230324j:plain

内部には、かつて操業していたころの神子畑選鉱場の模型が展示されている。

f:id:travelguide:20170702230423j:plain

 明延鉱山で採掘された鉱石を神子畑に運ぶために使われていた「一円電車」。客車も連結され、運賃が一円であったことからこのように呼ばれている。

f:id:travelguide:20170702230559j:plain

最後に付け足しだが、上の写真は台湾の金瓜石にある「十三層遺跡」だ。神子畑選鉱場を見た瞬間、これを思い出した。日本統治時代の遺構で、近くにある金山から運ばれた鉱石を精錬する施設だ。おそら、同じような仕組みで精錬していたのであろうと想像される。もちろん、これは戦前の遺構であり、昭和62年まで操業していた神子畑選鉱場よりはかなり古いものである。

兵庫県視察ツアーに参加 明延鉱山坑道

立て続けに、いろいろな仕事があり、久しぶりの投稿になってしまった。

先日、1泊2日で兵庫ツーリズム協会主催の視察ツアーに参加してきた。実は、私は兵庫県の出身なのだが、今回訪れた場所は初めてのところが多かった。兵庫県には、魅力的なスポットが多いと、改めて実感させられる旅だった。

さて、今回訪れた場所を順次紹介しようと思うが、出し惜しみせずに、一番インパクトがあった場所から紹介しよう。

兵庫県朝来市にある明延(あけのべ)鉱山は、奈良時代に開かれたという伝説があるほど古く、明治初期から、昭和62年に閉山するまで日本の近代化に重要な役割を果たした鉱山である。銅、亜鉛、鉛などを産出した。総延長は、なんと550kmで深さは1000mある。この坑道の一部が「明延鉱山探検坑道」として見学できるようになっている。

f:id:travelguide:20170702022621j:plain

坑道の入口。道路の脇にあり、これが550kmの坑道の入口とは想像できない。

なお、内部を見学できるのは毎週日曜日の10時~15時のみである。

f:id:travelguide:20170702022805j:plain

坑道の内部は、観光用に整備されているわけではなく、ほとんど当時のままの状態だ。レールやパイプもそのまま残っている。

f:id:travelguide:20170702022915j:plain

落盤しないよう木材で補強されている部分もある。

f:id:travelguide:20170702023012j:plain

坑内は、重層構造になっており、階段で上り下りする。今は動いていないが、当時はエレベーターも使われていた。

f:id:travelguide:20170702023137j:plain

温度や湿気がお酒の発酵に非常に良いということで、酒造メーカーの倉庫が内部に造られている。

f:id:travelguide:20170702023247j:plain

f:id:travelguide:20170702023314j:plain

坑内には、所々に当時使われていた掘削機械や車両などが展示されている。

当時鉱山で働いていたガイドさんの説明を聞きながら、約1時間の見学コースだ。こんなに長い坑道を見学できる場所は他ではなかなか無いだろう。探検気分も味わえるので、家族連れにもおすすめだ。

黒目川の幼鳥たち

今日も黒目川を散歩しましたが、鳥の種類は冬に比べるとだいぶ減ってしまいました。珍しい鳥を見かけることもありませんが、この季節は幼鳥をよく見かけます。今日は、1時間ちょっとぐらいの間に、4種類の幼鳥を目撃しました。

f:id:travelguide:20170620000946j:plain

f:id:travelguide:20170620001010j:plain

カワセミの幼鳥です。上の2枚の写真は同じ個体です。背中のブルーがくすんでいて、胸の部分がグレーなのが幼鳥の特徴です。

f:id:travelguide:20170620001127j:plain

今日もカルガモの雛を見ました。この春みつけた3組目の親子です。子供の数は少なめで3羽でした。もしかしたら、もっと小さいときに猫かカラスに取られたのかもしれません。

f:id:travelguide:20170620001307j:plain

ハクセキレイの幼鳥です。セグロセキレイの幼鳥はよく見るのですが、ハクセキレイの幼鳥はこの春初めて確認しました。

f:id:travelguide:20170620001453j:plain

カワラヒワの幼鳥です。この豆のような植物を食べに来たようです。大人になると、頭のあたりの茶色いところが緑っぽくなります。

マレーシア・ペナン島のまとめ記事を書いてみた


先日、リトリップのまとめ記事がいい加減だという話を、マレーシア・ペナン島の記事を例に取り上げた。

ちょうど、ツアー造成などで当社と提携させていただいている、「MRC社(マレーシアリゾートクラブ)」より、コンテンツ提供の依頼をいただいたので、ペナン島のまとめ記事を書いてみた。ペナン島は、観光客が訪れるエリアとしては、大きくジョージタウンとビーチエリアに分けられる。一緒にしてしまうとわかりにくい面もあるので、記事を2本に分けることにした。

個人的には、やはりおすすめはジョージタウンだ。19世紀から20世紀初頭の雰囲気をそのまま残す町並みは、他にはない独特の雰囲気だ。様々な宗教や文化の集合体のような場所なので、様々なタイプの観光スポットがある。料理の種類も豊富でおいしものがたくさんある。

最新の情報を一部付け加えたところはあるが、基本的には私が実際に行って確かめたことをベースに書いた記事である。ペナン島に行く予定のある方、興味ががある方は是非ご一読いただきたい。

f:id:travelguide:20170616172708j:plain