読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

山名美和子著「真田一族と幸村の城」を読んでみた

大河ドラマ「真田丸」が終わってしまいましたが、賛否両論ありましたが、総じて人気は高かったようですね。ちょっと娯楽性を追求しすぎかなという感はあったものの、そもそも話のベース自体がおもしろいので、楽しく見られました。

このドラマで真田に興味を持ち、もう少し詳しく知りたいと思われた方におすすめなのが、山名美和子著「真田一族と幸村の城」です。真田本がかなり大量に出ていますが、その中でも、まとまっているという意味ではベストな一冊かと思います。

真田幸隆、昌幸、幸村の3代にわたり、史実とのちに物語として創作された部分とを区別しながら、解説を加えています。大阪城で幸村と共に戦った、後藤又兵衛、毛利勝永、明石全登、塙団右衛門らの素性や、真田丸では猿飛佐助しか出てこなかった真田十勇士の話、豊臣秀頼と幸村が鹿児島に落ち延びたという伝説など、興味深い話がわかりやすく解説されています。

最後に真田に関係する城の解説があり、現在の姿も述べられていますで、城廻にも役立ちます。岩櫃城や名胡桃城などには行ってみたくなりました。

 

真田一族と幸村の城 (角川新書)

3年程前に、たまたま上田城を写真撮影のため訪れた際、まだ「真田丸」が全国的には話題になっていない頃ですが、上田の町中に大河ドラマ「真田丸」を告げるのぼりが立っているのを見て、ドラマの放映を知りました。それから火坂雅志の「真田三代」を読んで予習して、楽しみに待っていました。それまでは、大して興味もなかったのですが、今ではすっかり真田ファンです。

f:id:travelguide:20161230141951j:plain