読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

話題のクアラルンプールってどんなところ?

海外旅行 マレーシア 写真・カメラ

キムジョンナム氏暗殺事件で、このところ毎日、頻繁にニュースに登場するマレーシアの首都「クアラルンプール」。

私にとっては、クアラルンプールは何度も訪れたことのある非常に馴染みの深い場所だ。マレーシアというと、2度のマレーシア航空の墜落事故でただでさえイメージが低下している。今回も、空港という国の玄関口でこのような事件が起こり、さらに北朝鮮と国交があることがクローズアップされ、またもイメージが低下してしまいそうだ。

クアラルンプールは、非常に魅力的な街だ。治安もそれほど悪くはない。いい機会なので、クアラルンプールについて簡単に紹介してみたいと思う。

人口は約720万人で、東京の半分強ぐらいの大都会である。

f:id:travelguide:20170220214641j:plain

町の中心KLCC地区にそびえるペトロナスツインタワーがランドマーク。ライトアップされた姿はとても美しい。ちなみに、この2つのタワーは、日本の企業と韓国の企業が建設したものだ。

f:id:travelguide:20170220214915j:plain

こちらは、オールドタウンにある「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」。イギリス統治時代に建てられた旧連邦事務局ビル。このビルの周辺には、クアラルンプール発祥の地に建つモスク「マスジット・ジャメ」を始め観光スポットが多い。

f:id:travelguide:20170220215410j:plain

f:id:travelguide:20170220215428j:plain

マレーシアは、マレー系、中国系、インド系の人々が暮らす多民族国家。オールドタウンの周辺にはチャイナタウンやインド人街がある。上の写真は中国寺院「関帝廟」、下はヒンズー教の「スリ・マハ・マリアマン寺院」だ。いずれも観光客も参拝可能。

f:id:travelguide:20170220215732j:plain

クアラルンプールは、買い物天国でもある。こんなに買い物をする人がいるのか?と思うほど、市内には大型のショッピングセンターがたくさんある。写真は、メインストリートのブキビンタン通りにある「パビリオン」というショッピングセンター。海外の有名ブランドショップから、マレーシアのローカルブランドショップ、食品スーパー、フードコートやレストラン街まで何でもある。

f:id:travelguide:20170220215952j:plain

夜になると地元の人々、観光客が一斉に集まってくる場所、屋台街のジャランアロー。様々な種類の料理が激安で食べられる。

f:id:travelguide:20170220220610j:plain

街中の移動はモノレールが中心。地下鉄網も発達しており、これらの乗り方がわかってくるととても便利だ。

f:id:travelguide:20170220220741j:plain

大都会だが、ちょっと足を踏み入れるとディープなアジアも残っている。写真は、チョーキット市場。

f:id:travelguide:20170220220844j:plain

f:id:travelguide:20170220220902j:plain

グルメも充実している。高級な料理から屋台グルメまで幅広く楽しめる。多民族国家なので料理の種類も豊富。

 

ざっと紹介してきましたが、いかがでしょうか?ちょっとはクアラルンプールに行ってみたくなりましたか?危険な場所立ち入らなければ、安全に楽しめる街です。

羽田からエアアジアか、成田からマレーシア航空に乗れば簡単に行けますよ!

 

さにに詳しい情報を知りたい方は、トラベルガイドマレーシアで!