吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

ポケモンゴーとバートウォッチング

ポケモンゴーが話題になり始めた時、「いい大人までこんなもんに夢中になって、何が面白いんだろうか」と冷めた目で見ていた。おまけに運転中のポケモンゴーで事故まで起こるし、とんでもない話だ。

私は、携帯やPCでのゲームは一切やらない。興味もないし、時間ももったいない。今でも、ポケモンゴーには100%興味はない。

しかし、ポケモンゴーにはまる人たちの気持ちが少しわかってきた。バードウォッチングに興味を持ち始めてから、まだせいぜい半年だが、だいぶはまってきた。いつもは、近所の黒目川をうろうろするだけだが、ここにはいない鳥も見たくなり、先日奥日光まで出かけた。

ポケモンゴーの面白さは、推測するに、モンスターたちのデザイン性、名前の響きの良さ、実際にそこにいるかのようなリアリティー、レアキャラがいるなどコレクション的な楽しみといったところにあるのだろう。

考えてみると、バードウォッチングの楽しみの要素もほとんどこれに合致する。

f:id:travelguide:20170527141238j:plain

これはアカゲラ、キツツキの一種だ。そんなに珍しい鳥ではないが始めて見た。このデザイン性の高さは、十分ポケモンに匹敵するのではないだろうか。

f:id:travelguide:20170527141348j:plain

デザイン性でいうと、こいつもかなりすごい。オシドリだ。そのままポケモンしてもいいぐらいではないか。

f:id:travelguide:20170527141448j:plain

これは一見ただのすずめだが、ニュウナイスズメという鳥だ。由来のよくわからないあやしい名前がちょっとポケモンぽくないか?(ポケモンの名前はピカチューぐらいしか知らないが)

朝廷に恨みを持った人の魂がこの鳥に乗り移り、宮中の米を食い荒らしたという伝説に由来し、宮中に入るという意味で「入内雀」と名付けられたという説がある。

鳥の中には、なかなか出会えないレアキャラはたくさんいるし、できるだけたくさんの種類の鳥をカメラに収めたいという、コレクショ的感覚もあるし、やはり、ポケモンゴーにはまる人と、バードウォッチングにはまる人の感覚には、かなりの類似点があるのではなかろうか。

車に乗っていて、ふと横切った鳥の種類が気になって、事故をおこしたりしないように気を付けよう。