吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

上野動物園に鳥を見に行った

10年ぶりぐらいだろうか?久しぶりに上野動物園に行ってきた。

f:id:travelguide:20170602021209j:plain

目的は、これを見る事。アカショウビンという鳥で、信州などの森の中で見られるのだが、近年飛来数が減っていることもあり、なかなか見つからないバードウォッチャー憧れの鳥だ。野生のものを見られれば一番いいのだが、そうそう出かけられないし、てっとり早く動物園で一度見てみようと考えた。

f:id:travelguide:20170602022036j:plain

改めて上野動物園に行ってみて、こんなにたくさん鳥がいるとは思わなかった。これは、シロハラムクドリというアフリカにいる鳥だ。こういった日本で見られない珍しい鳥がいるのはわかる。

f:id:travelguide:20170602022213j:plain

日本の鳥というコーナーがあって、ここに行くとわりと身近な鳥がかなりいる。これは、キビタキだ。

f:id:travelguide:20170602022505j:plain

最近自宅の周辺に大量にいるオナガもいた。さらに、ムクドリまで檻の中にいたので驚いた。ムクドリなど、ハトよりたくさん見かけるのだが。

その他、アトリ、アオジ、ホオジロ、シメ、マヒワなどもいる。

f:id:travelguide:20170602022754j:plain

不忍池の動物園内に位置する部分に島があり、ここにペリカンがいる。動物園の地図にペリカンと明記してあるので、野生ではなく展示動物のようだが、逃げないのだろうか?羽を切ってあるのだろうか?

f:id:travelguide:20170602023012j:plain

注目なのは、この島がカワウの群生地になっていることだ。知らない人はカラスと間違えそうだが、すべてカワウだ。こちらは、自然にできた営巣地のようだ。

f:id:travelguide:20170602023156j:plain

鳥以外で見たかったのは、このマヌルネコ。カワイイ・・・

f:id:travelguide:20170602023256j:plain

ワオキツネザルも、すばしっこく動き回り見ていて飽きない。

f:id:travelguide:20170602023406j:plain

f:id:travelguide:20170602023424j:plain

檻の向こうにいる動物というのは、カメラの説明書にも必ず載っている、典型的なオートフォーカスが苦手な被写体だ。オートフォーカスでは、檻の方にピントが合ってしまい、動物にピントを合わせるのが難しい。動物園での撮影はマニュアルフォーカスのいい練習になる。

上野動物園には、幼稚園の団体や修学旅行の中学生など、たくさんの子供たちが来ていた。それに混じって、デートのカップルや結構年配の方も見受けられた。外国人も、かなりたくさんいた。改めて行ってみると、上野動物園というところは、大人が行ってもなかなか楽しいところだ。ベンチがたくさんあって休む場所も十分ある。

鳥を中心に動物たちを見て回り、レストランで食事して、ベンチでソフトクリームを食べて、なかなか楽しい一日だった。