吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

六甲山森林植物園のあじさいと野鳥

六甲山の神戸市立森林植物園に行ってきました。ここは、あじさいの名所として知られています。また、野鳥撮影スポットでもあります。

午後から時間ができたので、さっと行ってきました。事務所がある東灘区から車で45分ぐらいで行けます。気軽に行けるこんなすばらしいスポットがある神戸はやはりすばらしい。

あじさい、野鳥両方を撮るため、ニコンⅮ850にシグマ150-600mm、富士X-T4に16-80mmの2台持ちでいざ撮影。

先に野鳥の方から作品をご覧ください。ここには、野鳥の森というスポットもあるのですが、この時期は新緑に覆われ、鳥のさえずりは聞こえるものの姿を捉えるのは難しいです。やっぱり、秋から冬の方が撮りやすいですね。時間も短かったし、天気もあまり良くなく暗かったので、あまり撮影できませんでした。なんとか撮ったのがこの3枚。

f:id:travelguide:20200703182443j:plain

ホオジロはいっぱいいました。木のてっぺんでさえずるので比較的見つけやすい。

f:id:travelguide:20200703182525j:plain

ちょっと遠かったですが、キビタキを発見。

f:id:travelguide:20200703182603j:plain

ヒヨドリも、この背景だとちょっと絵になりますね。

 

野鳥は苦戦しましたが、あじさいはきれいに咲いてました。密集度やカラフルさから言うと、鎌倉や伊豆下田などには負けますが、森の中で咲くあじさいは独特の景観で、これはこれでいいですよ。

f:id:travelguide:20200703182912j:plain

f:id:travelguide:20200703182936j:plain

f:id:travelguide:20200703183003j:plain

f:id:travelguide:20200703183028j:plain

f:id:travelguide:20200703183047j:plain

種類も豊富です。

X-T4は購入したばかりで、今回はこいつの試し撮りも兼ねていました。フィルムシミュレーションのベルビアを使いましたが、このちょっときつめだけど嫌みの無いビビットさが好きです。

f:id:travelguide:20200703183427j:plain

f:id:travelguide:20200703183442j:plain

f:id:travelguide:20200703183457j:plain

f:id:travelguide:20200703183510j:plain

f:id:travelguide:20200703183525j:plain

ちょっと気分が落ち込み気味でしたが、やっぱり撮影に出ると気分が晴れますね。

自宅の近所でぶらっとカメラ散歩

外出自粛要請を受け、おとなしくしていたが、リハビリ生活中のため適度な運動も欠かせない。カメラを持って、自宅周辺のできるだけ人通りが少ないあたりを散歩してみた。

神戸の住吉は、どこを歩いてもちょっとフォトジェニックな風景に出会える街だ。

f:id:travelguide:20200411001739j:plain

f:id:travelguide:20200411001754j:plain

f:id:travelguide:20200411001808j:plain

f:id:travelguide:20200411001821j:plain

 

半年ぶりぐらいの黒目川で野鳥撮影

f:id:travelguide:20200410013432j:plain

3月下旬、桜が満開のころ、久しぶりに黒目川をカメラを持って散歩した。手術をうけてからは初めてなので、半年ぶりぐらいか。このころはまだ、黒目川に人がいっぱい歩いていた。

ニコンD850にシグマの150-600+テレコン、かなり重いが、これを持ち歩けるほどに体力が回復してきた。まだまだ、心配な部分も多いし、コロナもあるけど、なんとか先に進んでいけそうだ。

f:id:travelguide:20200410013720j:plain

人は多かったけど、野鳥たちも姿を見せてくれた。相変わらず、カワセミが頻繁に飛んいてちょっと安心した。

f:id:travelguide:20200410013833j:plain

盛んに魚を追いかけるコサギ。

f:id:travelguide:20200410013912j:plain

オオバンの子ども。

f:id:travelguide:20200410013940j:plain

ツグミも草むらから顔を出した。

f:id:travelguide:20200410014006j:plain

いつも通り、のんびりした感じで、愛嬌のあるイソシギさん。

f:id:travelguide:20200410014045j:plain

ヒヨドリは、さくらの蜜を吸うのに忙しい。だいぶ受粉に貢献してそうだ。

f:id:travelguide:20200410014135j:plain

帰り際、暗くなってきたところでダイサギ登場。明るいところで撮ると、すぐに白トビしてしまうので、このぐらいの方が綺麗に撮れる。

 

実は、私が経営しているトラベルガイド株式会社は、4月1日付で神戸市に移転しました。自宅はまだ埼玉にあるのですが、すでにほとんど神戸で生活しています。本格的に引っ越ししたいのですが、兵庫も埼玉も緊急事態宣言中で、いつになるかわかりません。黒目川を散歩する機会も、もうあまりないと思うと寂しい気持ちになりますが、兵庫にも野鳥スポットはたくさんあるので、コロナが落ち着いてきたら、いい場所を探して行きたいと思っています。

埼玉県北本市の「北本自然観察公園」の春

埼玉県北本市の北本自然観察公園に行ってきました。ここを訪れるのは5回目ぐらい。自然の森の中を散策できて、野鳥も多いのでお気に入りのスポットです。電車とバスを乗り継いで行くこともできますが、やはり車が便利です。駐車場は広くて無料です。

f:id:travelguide:20200331010418j:plain

公園入口(桜土手口)付近の様子です。3月23日に撮影しました。桜も菜の花も満開、午後は光の当たり具合も良くて、とてもきれいでした。

f:id:travelguide:20200331010802j:plain

権現堂堤の桜と菜の花はすばらしいですが、規模は小さいものの、こちらもなかなかのものです。

f:id:travelguide:20200331010836j:plain

ハナダイコンの紫と緑と青いお家のコントラストが気に入って撮った一枚。

f:id:travelguide:20200331011229j:plain

桜の木にやってきたヤマガラさん。

f:id:travelguide:20200331011303j:plain

f:id:travelguide:20200331011316j:plain

池にはハシビロガモ、カイツブリ、コガモなどが泳いでいました。

現在自然学習センターはコロナウイルスの影響で閉館中ですが、公園内には自由に入れます。ここなら、ウイルス感染のリスクもほとんどなさそですし、散策にでかけてみてください。

 

クアラルンプールの夜風に吹かれて

昨年の7月に2週間ほど、マレーシアに出張した。首都のクアラルンプールに滞在中は、KLセントラルにあるアロフトホテルに宿泊した。

KLセントラルは、東京駅のようなところで、あらゆる交通網のハブになってる。空港からの列車もここに到着するので、ここにホテルを取っておくとスムーズにチェックインできてとても便利だ。観光で行くと、ブキビンタン通り(東京で言うと新宿かな)かKLCC(こっちは銀座かな)に宿泊したいところだが、出張や郊外に出かけたい場合はKLセントラルがおすすめだ。

f:id:travelguide:20190630205026j:plain

アロフトホテルには、すてきなプールバーがある。

f:id:travelguide:20190630204442j:plain

こんな風景が見える。ちょっと、丸の内に近い感じか。

f:id:travelguide:20190630205729j:plain

私は、お酒がほとんど飲めない。ひとりでバーでまったりといったがらではないのだが、モクテル(ノンアルコールカクテル)を飲みながら、一人クアラルンプールの夜風に吹かれていた。

あの時、何を考えていたかはあまり覚えていないが、まさかこの2か月後に自分が癌に侵されていると知ることになるとは。この出張では、イポー、クアラルンプール、マラッカと飛び回り、体はとても元気だったのだが。次にマレーシアに行けるのはいつになるだろうか?

でも、必ずまた行くよ。台湾にもアイスランドにも行かなあかん。まだまだやるで!

 

神戸北野のおしゃれなレストラン「花の館 パラディ北野」

神戸北野異人館街を散策中に、ふらっと立ち寄ったレストランをご紹介します。風見鶏の館の前の細い道を東に向かって3分ほど歩いたところにあります。「花の館 パラディ北野」という邸宅レストランといった感じのゴージャスなお店なのですが、ランチは比較的リーズナブルにいただけます。

f:id:travelguide:20200306132021j:plain

こちらが入口です。メニューが表示されているので、安心しては入れます。

f:id:travelguide:20200306131958j:plain

中に入って行くと、モダンな建物があり玄関を入ったらお店の人が席に案内してくれます。

f:id:travelguide:20200306123806j:plain

中は邸宅レストランといった感じの豪華さです。静かで落ち着いた雰囲気の中でゆっくり食事ができます。

f:id:travelguide:20200306124003j:plain

一番安い「本日のランチ」は1500円(消費税別)です。今日のスープは玉葱のポタージュ。玉葱のうまみ、甘味を凝縮したような、これまであまりであったことのない味でした。余計なものを加えていない自然な味です。

f:id:travelguide:20200306124755j:plain

今日のお料理は、牛ほほ肉の赤ワイン煮でした。とてもやわらかく煮込まれており、ソースの味も絶品。1500円でこれが食べらるとは。これに、おいしいフランスパンが2切れついてきます。塩の効いたパンに無塩バターがついてきて、こちらもとてもおいしかったです。

f:id:travelguide:20200306130256j:plain

最後にコーヒーか紅茶が付きます。ミルクティーを注文しましたが、香りのよい紅茶で幸せな気分になれました。

このランチに、追加料金でオードブルやデザートを追加することもできます。

ステーキランチ2500円、コース料理は2850円からあります。

料理もおいしかったですし、この豪華で落ち着いた雰囲気の中で食事ができることを考えると、1500円というのはかなりお得感があります。異人館散策の途中で立ち寄るランチスポットとしては、かなりおすすめです。一度、夕食も試してみたいと思いました。

 

 

24mmシフトレンズも持って神戸北野を散策

現在、故郷である神戸で手術後の療養生活中。規則正しい生活、体に良い食事、適度な運動で、だいぶ体力が戻ってきた。

今日は、ニコンD850に24mmシフトレンズを付けて、北野の異人館街を散策。1万歩以上歩いた。予防のための抗がん剤治療中のため、あまり無理はできないが、本格的に仕事復帰できる目途は立ってきた。

24mmシフトレンズだけで撮影するというのは、あまりやったことがなかったが、やってみるとなかなか楽しい。フォーカスも露出もマニュアル、たまにはカメラに頼らず自力で合わせるのも悪くない。単焦点レンズとして普通に撮ればかなりの画質であり、シフト、ライズ、ティルトで、さまざまな画像を作れるので撮影のバリエーションも広がる。

f:id:travelguide:20200306121946j:plain

風見鶏の家

f:id:travelguide:20200306132620j:plain

ラインの館

f:id:travelguide:20200306132900j:plain

英国館