吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

金村義明氏、余命1年宣告で思う事

headlines.yahoo.co.jp

私は兵庫県西宮市にある仁川学院高校の出身で、当時野球部に所属していたのですが、報徳学園は歩いて20分ほどのところにあり、時々練習試合をしていました。金村氏は私のひとつ先輩で、阪急甲東園駅でたびたび見かけましたし、練習試合で対戦したこともあります。

そんな金村氏が「キャンプ取材を終えた後に医師から止められているのに「やめられない」というサウナで汗を流すと、なじみの飲食店を5軒もはしご。焼酎やハイボールなど、計22杯のアルコールを飲み、さらに餃子40個と焼き肉、うどん、ラーメンを食べ、この一晩わずか6時間のうちに、合計約4800キロカロリーを摂取していた。」という暴飲暴食で、まあ番組の演出上の誇張もあるでしょうが、余命1年とはちょっとショッキングなニュースでした。

私も膵臓癌になり、余命宣告は出されませんでしたが、いつ再発してもおかしくはありません。金村氏ほどではないですが、脂っこいものや甘いものが好きでかなり食べていました。体重も100㎏ぐらいありました。ちなみに、酒はほとんど飲めず、たばこは吸いません。

症状が出てから5か月がたちましたが、あれだけ好きだった揚げ物はほとんど口にしておらず、甘いものも和菓子をちょっと食べるぐらいにして、ケーキや駄菓子なんかは全く食べていません。以前のように好きなものを好きなだけ食べたいと思うこともありますが、やはり消化する力もかなり落ちているので、そうもいきません。

いくら食べても、飲んでも、タバコ吸っても健康で長生きする人もいます。逆に健康に気を遣いながら生活していても病気になる人は病気になります。医者にどうして癌になったのか聞いてみましたが、因果関係は全くわかりませんと言われました。あれがいけなかったとかこれが悪かったのかといろいろ考えますが、結局のところ因果関係は分からないのです。

健康なうちから食生活に気を付けて病気をさける努力をするのは、もちろんいいことだと思いますが、どうせいつ病気になるのかわからないのだから、健康なうちは好きなものを好きなだけ食べて楽しく生きるというのも、ある意味正解のようにも思います。私自身、もうちょっと健康に気を遣っていたら癌にならずに済んだのか?と自問自答することがある反面、50余年間健康なうちに好きなものを好きなだけ食べておいて良かったと思う部分もあります。根がくいんしんぼうなんですね。

食事と健康の関係、バランス、最近興味をもって本を読んだりしています。しばらく、このテーマを追ってみたいと思っています。

 

弓弦羽神社で撮影

f:id:travelguide:20200303164921j:plain

弓弦羽神社

神戸の実家近くにある弓弦羽(ゆずるは)神社、きれいな雲がでていたので撮影してみました。

 

f:id:travelguide:20200303164544j:plain

修繕工事中の本殿も、だいぶ完成に近づきました。

 

f:id:travelguide:20200303165318j:plain

参道からの眺めもきれいです。

 

 

f:id:travelguide:20200303164335j:plain

この神社は、羽生結弦さんが名前の繋がりから参拝し、ゆずリストの聖地となっています。本人が参拝した時に見てもらう事を狙ってか、やたら凝った羽生結弦を応援する絵馬がたくさん奉納されています。

 

f:id:travelguide:20200303165103j:plain

近づくと自動的に水が出る手水、弓弦羽神社のお使いである三本足の八咫烏です。

 

病気は突然やってくる

2019年9月20日のことだ。この日は、早朝から夕方まで続く少々ハードな撮影の仕事が入っていた。撮影時間が長いし、結構歩き回ったので当然疲れるのだが、ちょっと普段とは違う嫌な疲れ方だった。家に帰って夕食を食べた。疲れていたがお腹は減っていたのでしっかり食べた。その夜、かなりお腹がもたれたのだが、ちょっと食べすぎたかな、くらいに思っていた。


翌日起きても、このもたれが残っていた。この日は、在宅で事務仕事を終日こなした。昼食ぐらいまでは、まだ普通に食べていたが、夕食前にはちょっとやばい感じがしていた。それでも、しっかりいつも通り食べた。ちょっとお腹がむかついたり、もたれたりした時、さらに食べた方がかえって改善することがよくあるので、今回もその手で行こうと思った。

 

しかし、ここが限界だった。お腹の上の方に、食べたものが落ちて行かず残っている感じがして、鈍痛がある。普通の腹痛なら、トイレに行って出してしまえばあとはすっきりするのだが、便が全くでない。これは、おかしい。今までにない感覚だ。それでも、一晩寝れば何とか治るだろうと思っていた。


しかし、3日目の朝起きても全く治っていないどころかひどくなっている。あまり食欲がない。おかゆを少し食べるのがやっとだ。さらに気持ちが悪いことがおこる。

 

おしっこの色が黄色を通り越して茶色い。こんな色は見たことが無い。この日の夜、やっと便通があったのだが、ほとんど白にちかい灰色のような色の便だった。これが、かなりまずい症状だというのは後で知った。


4日目は祝日だったので、友人と会う約束があった。体自体はまだ動くのでなんとかこなした。しかし、もおほとんど食べ物はのどを通らない。夜床についても、お腹が痛くてあまり寝られない。「これ癌とかじゃないだろうな」とふと心によぎった。

 

 

膵臓癌になったので闘病記でも書いてみようかと

まさか自分が50代半ばにして膵臓癌になるとは思わなかった。

私の、父は73歳で膵臓癌が見つかり余命1年の宣告、その通り74歳でなくなった。義父は、今回の私と同じような症状で、同じ手術を受け、手術の失敗により大量出血を起こし亡くなった。こちらも膵臓癌である。


膵臓癌というのは、見つかった時には手遅れというケースが多い。しかし、私の場合は膵頭部の2㎝ぐらいの大きさの段階で発見できた。このため、かなり大きな手術にはなったが、切除することができた。結果、今この手記を書くことができている。不幸中の幸いというべきだろう。


突然症状が出て、3軒の病院を巡り、その間いろいろあった。いろんなことを思い、考えた。そして、学ぶことも多かった。もちろん、しんどかった。そういったことを、とりとめもなく書いてみようかと思う。同じような境遇の方には、参考になるか、あるいは共感してもらえるかもしれないし、完全に健康な人には、別の世界の話のように思えるかもしれないが、であれば別の世界の話として楽しんでもらってもいい。


なんか暗くて深刻な話だなと思うかもしれないが、いままでほとんど入院も手術も経験していない人間がこういう目に会うと、事態の深刻さに反してなんかおもしろいこととか、興味深いことにも出会う。話のネタもたくさんできる。


まあ、50半ばで癌になったおっさんの闘病記、興味があったら読んでみていただきたい。

 

 

 

 

滋賀県が熱い!坂本と彦根視察ツアー

ようやくNHK大河「麒麟が来る」の放送が始まり、滋賀県が盛り上がってきました。朝ドラのスカーレットも信楽が舞台ですので、ダブルで盛り上がっています。

昨年の9月にびわこビジターズビューローが主催する旅行会社向けの視察ツアーに参加してきました。1泊2日の日程で、1日目が坂本、2日目に彦根を見てきました。私は、神戸で育ちましたが、あまり滋賀県には行ったことがありませんでした。しかし、今回改めてなかなか魅力的なところだと感じました。

どこまで伝わるかわかりませんが、その時の写真をご覧ください。

坂本の風景

近江坂本の滋賀院近くの路地

芙蓉園の石積み三段弁当

坂本にある「芙蓉園」の石積み三段弁当

琵琶湖汽船の高速艇「megumi」

琵琶湖汽船の高速艇「megumi」

彦根城天守

彦根城天守

彦根城屋形船

彦根城のお濠を行く屋形船

彦根キャッスルリゾート&スパの三成めし

彦根キャッスルリゾート&スパの三成めし

彦根キャッスルリゾート&スパに飾られている甲冑

彦根キャッスルリゾート&スパに飾られている甲冑

ひこにゃん

彦根と言えばやはりこの方、ひこにゃんさん

旅と写真.comにも記事を書きました。

tabitoshashin.com

tabitoshashin.com

兵庫県三田市の有馬富士公園で野鳥撮影

昨日、兵庫県三田市の有馬富士公園に野鳥撮影に行ってきました。

f:id:travelguide:20200122001524j:plain

有馬富士公園

こんなところです。この写真は、昨年の春に撮影したものです。

野鳥を撮影しに行くのは初めてなので、今日はロケハンのつもりでカメラ片手にのんびり歩いてきました。池の水鳥はそんなに多くありませんでした。森の中には、野鳥の観察小屋がところどころにあり、なかなか撮りやすそうです。

キンクロハジロ

キンクロハジロの顔はどこか漫画チックで好きです。

モズ

メジロ、ヤマガラなどが群れている柿の木の横にモズが来たら、一斉に警戒音を出して緊張状態に。

ツグミ

ツグミはたくさんいました。

メジロ

柿とメジロ、彩りがいいな。

ルリビタキ

最後に森の中でルリビタキに会えました。

次回は、三脚持ってじっくり撮影に行きたいと思います。

村上重の千枚漬けが最強

村上重の千枚漬け

私が思うに、千枚漬けの王者は村上重の千枚漬けだ。酸味はほとんどなく、不自然な甘みもない。上質な昆布がたっぷり使われており、箸でつかむのが難しいほどねっとりしている。かぶ本来の甘味と昆布のうまみ、薄く塩味がついており、何もかけずにそのままいける。値段は、家庭用のパックで1つ1000円、4人ぐらいでもたっぷり食べられる量だ。

村上重本店

東京だと新宿高島屋のデパ地下で手に入る。

しかし、今回は京都に行く機会があり、本店に行ってみた。

村上重の漬物

もちろん千枚漬け以外にも、たくさんの種類の漬物が売られている。左上時計回りに、山芋漬け、壬生菜、白菜だ。どれも、薄味で素材本来の味が生きている。