吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

黒目川のシジューカラ

今日の1枚(2021年9月16日 No.351

 

シジューカラはどこにでもいる野鳥ですが、ツツピーツツピーという鳴き声が特徴的で、姿もかわいらしい鳥です。黒目川にもたくさんいます。春には幼鳥も見られます。葦の茎を割って虫を食べる様子を観察していると飽きません。

f:id:travelguide:20210917181633j:plain

 

2017年4月撮影

黒目川のコゲラ

今日の1枚(2021年9月15日 No.350

 

コゲラさんです。キツツキの一種です。そんなに珍しい野鳥ではないのですが、最初に見つけた時は驚きました。こんな身近にキツツキがいるとは思わなかったし、こんなしましまなやつがいるとは。

f:id:travelguide:20210915174056j:plain

 

2017年3月撮影

黒目川のモズ

今日の1枚(2021年9月14日 No.349

 

モズは一見かわいい鳥ですが、クチバシの形を見るとわかる通り肉食の猛禽類です。スズメやメジロなどを襲って食べます。コチドリなんかも、モズが近くにくると警戒音を発しながら逃げていきます。

f:id:travelguide:20210914214312j:plain

 

2017年3月撮影

黒目川のクイナ

今日の1枚(2021年9月13日 No.348

 

クイナです。黒目川沿いをカメラを持ってあるいていると、顔なじみもできて、鳥の目撃情報を交換したりします。クイナの目撃情報はよく聞いていたのですが、なかなかお目にかかれませんでした。ある日、藪の中からでてきたクイナを見つけてようやく撮ったのがこの写真です。臆病な鳥ですし、なかなか撮るのが難しい鳥です。

f:id:travelguide:20210913215947j:plain

 

2018年1月撮影

黒目川のイカルチドリ

今日の1枚(2021年9月12日 No.347

 

今日もコチドリ?いえ、違います。これはイカルチドリです。なかなか見分けがつきにくいのですが、イカルチドリには目の周りの金環がありません。冬鳥で、春にはいなくなります。

f:id:travelguide:20210912165239j:plain

 

2018年1月撮影

黒目川のコチドリ

今日の1枚(2021年9月11日 No.346

 

コチドリさんです。この鳥は、ほんとにかわいい。金冠といわれる黒目のまわりの金色の縁取りが特徴です。つがいでいることも多いです。冬から春にかけてよく見かけます。

f:id:travelguide:20210911113323j:plain

 

2017年4月撮影

黒目川のゴイサギ

今日の1枚(2021年9月10日 No.345

 

黒目川でゴイサギを見かけるのは珍しかったのですが、それは主に昼間に散歩をしていたせいかもしれません。ゴイサギは鳥にしては珍しく夜行性で、夕方ごろから動き出します。幼鳥はホシゴイとよばれ、茶色い体に白い斑点がついた、全然違う姿をしています。時々、ホシゴイも見かけました。

f:id:travelguide:20210910182457j:plain

 

2017年12月撮影