吾郎の語録

トラベルガイド株式会社社長の阿部吾郎が、思いつくまま勝手なことを述べるブログです。できるだけためになる事を書こうと思いますが、どうでもいいこともたくさん書きますので適当にお付き合いください。

兵庫県

明石海峡公園のチューリップ

今日の1枚(2021年4月24日 No.206) 明石海峡公園の風景です。もと花博の会場だったところです。 2019年4月撮影

足の感じが最高です

今日の1枚(2021年4月23日 No.205) 淡路島にある明石海峡公園のタコです。よくできていると思いませんか?この足の感じが最高です。 2019年5月撮影

あわじ花さじきの菜の花

今日の1枚(2021年4月21日 No.203) あわじ花さじきの春の風景です。季節を通して、様々な花が咲き誇る淡路島の人気観光スポットです。 2019年4月撮影

聖徳太子ゆかりのお寺 鶴林寺

今日の1枚(2021年4月15日 No.197) 兵庫県加古川市にある鶴林寺というお寺の山門です。聖徳太子にゆかりのある古刹です。兵庫県には太子町という場所もあるし、赤穂市の坂越に秦河勝に関する伝承もあります。どうして、聖徳太子と播州は繋がりがあるのか、…

日岡山公園の桜

今日の1枚(2021年4月14日 No.196) 兵庫県加古川市の日岡山公園です。広大な総合公園で、日岡山古墳群やグランドなどの施設なども含め35.8ヘクタールあります。お花見の名所として知られています。 2019年4月撮影

夙川の夜桜

今日の1枚(2021年4月13日 No.195) 今日は、夙川の夜桜です。 2019年4月撮影

夙川の桜

今日の1枚(2021年4月12日 No.194) 兵庫県西宮市の桜の名所、夙川です。阪急の夙川駅から苦楽園駅にむかって川沿いを散歩すると、すばらしい景色を堪能できます。阪急電車と桜の風景を撮影できるスポットもあります。 2019年4月撮影

神河町の桜華園

今日の1枚(2021年4月11日 No.193) 神河町の桜華園です。240品種3000本もの桜の木があり、品種ごとに開花時期が異なるので5月上旬まで楽しめます。 2019年4月撮影

塞ノ神

今日の1枚(2021年4月10日 No.192) 兵庫県神河町にある「塞ノ神(さいのかみ)」と呼ばれる巨石。この世とあの世の通り道を塞ぐ神様のことですね。ここは、隣の多可町から神河町に入ってくる入口にあたり、この巨石は町の堺を守っています。 2019年4月撮影

銀の馬車道のさくら

今日の1枚(2021年4月9日 No.191) 以前もご紹介した、兵庫県神河町の現存する銀の馬車道です。春になると、道沿いに桜が咲きます。 2019年4月撮影

時代劇に出てきそうな通路

今日の1枚(2021年4月8日 No.190) 好古園内の通路ですが、時代劇に使えそうな感じです。江戸時代のお屋敷や庭園などを取り込んで平成4年に造られた好古園、なかなか興味深いところですので、姫路城に行かれる際は、是非こちらにも立ち寄ってみてください。 …

姫路城を借景にしたお庭

今日の1枚(2021年4月7日 No.189) 姫路城の横にある好古園のお庭です。姫路城を借景とした江戸時代の庭園です。 2019年4月撮影

姫路城 人気の撮影スポット

今日の1枚(2021年4月6日 No.188) 姫路城の桜、もう一枚いきます。これは、姫路城を紹介するテレビや雑誌などでもよく出てくる有名な撮影スポットからの一枚です。お濠巡りの船が来るので、カメラマンたちはそれを待っていて、一斉にシャッターを切ります。…

姫路城のさくら風景別角度から

今日の1枚(2021年4月5日 No.187) 姫路城の桜、今日は別角度から。 2019年4月撮影

姫路城のさくら風景

今日の1枚(2021年4月4日 No.186) 世界遺産「姫路城」のさくら風景です。姫路城内や周辺には、桜の木がとても多く、この季節は様々なアングルで撮影が楽しめますよ。 2019年4月撮影

須磨山上遊園の桜と明石海峡大橋

今日の1枚(2021年4月3日 No.185) 須磨にある須磨山上遊園から撮影した、桜と明石海峡大橋です。ブラタモリにも登場した、カーレーターというレトロな乗り物があることで知られています。 2019年4月撮影

田舎の道

今日の1枚(2020年12月29日 No.90) 鉱石の道・銀の馬車道シリーズの最終回です。 神子畑選鉱場跡付近の風景。ちょっと心がほっこりする、日本の原風景的な田舎の情景。 2019年5月撮影

廃校ノスタルジー

今日の1枚(2020年12月28日 No.89) 神子畑選鉱場跡付近にある廃校での一枚。 2019年5月撮影

山神宮

今日の1枚(2020年12月27日 No.88) あけのべドームの横にある「山神宮(さんじんぐう)」。鉱山の安全と繁栄を祈り昭和8年に新設されたものです。 2019年5月撮影

あけのべドーム 森の館

今日の1枚(2020年12月26日 No.87) 明延鉱山の近くにある「あけのべドーム 森の館」です。珍しい、巨大な木造のドームです。グランドをすっぽり覆うような形で造られており、フットサルのコートがまるまる入る大きさです。 2019年5月撮影

銀の馬車道交流館

今日の1枚(2020年12月25日 No.86) 兵庫県神河町にある銀の馬車道交流館です。銀の馬車道に関する歴史や文化に関する資料が展示されています。 2019年2月撮影

現存する銀の馬車道

今日の1枚(2020年12月24日 No.85) 兵庫県神河町にある現存する銀の馬車道です。当時のマカダム式舗装がそのまま残されています。といっても、見た目は普通の未舗装道路です。最近、馬車のオブジェが設置されてちょっとそれらしくなりました。 2019年5月撮影

カラミ石の石垣

今日の1枚(2020年12月23日 No.84) 生野にある「志村喬記念館」です。生野銀山の労働者用の宿舎を改修して造られました。写真に写っている石垣ですが、これはカラミ石です。鉱山から出る精錬したあとのカスを固めて作ったものです。 2018年11月撮影

地元では話題の「銀山ボーイズ」

今日の1枚(2020年12月22日 No.83) 生野銀山では、当時の採掘作業の様子を伝えるために、様々な場所にマネキン人形が設置されています。このマネキン一体一体に名前を付けて、「銀山ボーイズ」として売り出しています。総選挙も行われました。兵庫県内では…

馬蹄形鋼で支えられた坑道

今日の1枚(2020年12月21日 No.82) 兵庫県朝来市の生野銀山です。明延鉱山に比べ観光地としてかなり整備されています。馬蹄形鋼で支えられた坑道が見どころのひとつです。 2019年5月撮影

廃墟感がたまらない

今日の1枚(2020年12月20日 No.81) 兵庫県朝来市にある神子畑(みこばた)選鉱場跡です。明延鉱山とは1円電車で繋がっており、採掘した鉱物をここに運んで精製していました。 2019年5月撮影

明暗差がきつい坑道内の写真

今日の1枚(2020年12月19日 No.80) 本日も明延鉱山です。上のライトの色が違う部分が鉱脈が露出しているところです。やたらきついライトを使っているので、下の部分と明暗差がきつすぎて簡単には撮れません。ハーフNDを使ってなんとか撮ったので、自分とし…

当時の姿を残す貴重な鉱山跡

今日の1枚(2020年12月18日 No.79) 兵庫県養父市にある明延鉱山跡です。ここは、観光用の整備がほとんど行われていおらず、当時のままの様子を見られる貴重な鉱山跡です。 播但地方を貫く「銀の馬車道・鉱石の道」は日本遺産に指定されています。今日からし…

久しぶりにカニを食べに日本海へ

今年の6月に埼玉から神戸市に引っ越してきた。もともと神戸出身で20年ぶりに神戸市民に復帰した。さて、関西に戻ったからには、冬に入ったところでやるべきことがある。 そう、日本海にカニを食べに行く。年中行事のひとつである。 今年はGoToトラベルキャン…

祝詞(のりと)が訛ってノット岩

今日の1枚(2020年11月25日 No.56) 赤穂の宝崎神社境内にあるノット岩です。波打ち際にあるような岩が、こんなところに突然あると違和感がありますね。もともとこの辺りは海で、この岩の上で神功皇后が祝詞をあげたという伝説から、「のりと」が訛ってノッ…